安い費用で引越しを実現したいならポイントを押さえよう

作業者

引越しのプロに依頼しよう

レディ

引っ越し作業は自分ですべてやるよりも、荷物の運搬に慣れているプロの業者に任せた方が安全です。引っ越し業者を利用するときは、事前に追加料金の有無や補償制度などに関してきちんと確認しておくようにしましょう。

読んでみよう

引っ越す時の業者の選び方

女の人

引っ越しを依頼する時には選ぶ基準を決めることが大切です。費用で選ぶ場合は複数社に見積もりしてもらって、一番安い所を選びます。最近の引っ越し業者はサービスが進化しているので、それを比較して選ぶのも良い方法です。地震対策や防災対策のサービスをしてくれる業者を選ぶと、安心して新居で暮らすことができます。

読んでみよう

キーポイントとなる家電

冷蔵庫

引越しのキーポイントとなってくる冷蔵庫ですが、古ければ捨てたり専門業者に引き取って貰うという方法があります。持っていくと決めた際には、電源を抜いておくなど事前準備は欠かせません。また、掃除などもしておくと良いでしょう。

読んでみよう

できる部分は自分で

男性

ダンボールは自分で調達

契約時に、プレゼントですといってダンボールを置いてくれていってもらえる引越し業者があります。無料でもらえて助かるとなりますが、その分が料金の中に組み込まれているケースもありますので、実質無料でないこともあるのです。そのため訪問見積もり時にもらえるダンボールであれば、その業者と契約しようがしまいが無料であるケースもあるのです。ただし、梱包中にもらったダンボールだけでは足りなくなった場合に、そうなったらホームセンターに買いに行くのではなく、ドラッグストアや電器店などに余ったダンボールを無料で提供してくれるところがあるので、そういった店舗から無料で調達することで少しでも引越しにかかる費用を安い料金にすることができます。

梱包は自分で行う

引越し業者のサービスでは、引越し日当日まで何もしなくても荷物の梱包から行ってくれる業者があります。非常に助かりますが、その分料金がかかってしまうのです。安い料金にするには、梱包くらいは自分で行うことです。引越し業者に行ってもらうことは、荷物の運搬だけにしてしまいます。他にも新居で家電や家具の設置、配線、アンテナ設置などを行うオプションもありますが、そういったオプションは一切利用しないことで安い料金となります。自分でできることは行うことが安い料金にするコツですが、いくら運搬だけやって欲しいとなっても引越し作業日当日までに、大型の家具や家電以外の梱包はすべて終わらせておかなければならないです。終わっていないと余計な作業が発生し、当初より高く請求されることになります。